参考文献のご紹介

 

抗酸化物質とは

「抗酸化物質」とは昨今よく耳にする言葉ですが、そもそも何が有り難いのでしょうか。多少強引に言ってしまうなら、抗酸化とは「身体の酸化」=「身体の老化」から身を守ってくれるということです。

身体を酸化する主原因は、昨今よく耳にする「活性酸素」というもの。呼吸で取り込まれた酸素は体細胞の代謝に使われますが、そのうち1~2ュ電子を奪い、酸化・破壊しようとします。Stable oxygen molecules
それは皮膚、臓器、血管、体液などいたる所でおこり、シミ、シワ、動脈硬化、糖尿病、老人性痴呆症など、様々な「老化現象」の引き金になります。また、細胞内のDNAの制ガン遺伝子を破壊することで、細胞をガン化するとも言われています… (続きを読む)